6ヶ月増販増客の仕組み構築をお手伝い。 乾経営コンサルティング
  • TEL : 03-6869-1753
  • 〒104−0061 東京都中央区銀座3−14−13 第一厚生館ビル5階

代表 乾切抜き “今いる営業マンと既存商品で売上を倍増させる”6ヶ月増販増客の仕組み構築法とは!-第2回 なぜ、6ヶ月増販増客の仕組みが必要なのか

乾さん。なぜ、増販増客の仕組みが必要なのですか?

 

当方が個別コンサルティングやセミナー等で増販増客の言葉を発するとよく出てくる質問です。

 

今日は、なぜ、増販増客の仕組み構築が必要なのかについてお話をさせていただきますね。

 

なぜ、いま6ヶ月増販増客の仕組み構築が必要なのか?

 

言うまでもなく企業は、「継続して存続し、且つ発展すること」が重要になります。そのためには、景気に左右されず、売上を伸ばし続ける仕組み構築が必要になります。

 

これについては、意義はないかと思います。多分、この文章だけを読まれると、「そんなのは、当たり前だ!でも、その仕組みを作るのが難しいのだよ!」という声が聞こえてきそうですね。

 

では、仕組みはどのようにして作るのか?

 

大半の企業は、この仕組みを構築し定着させるまでには、すくなくとも2、3年かかるケースが多いです。そう、色々なことを勉強されるので、多くのことを取り入れ、試行錯誤をされるからです。

 

しかし、私は、大小300社以上の増販増客の仕組み構築と営業・販売の実務指導でも述べ1,000人以上の指導を経験から、この仕組み構築を短期間に実現する重要ポイントを発見しました。規模大小や業種業態の特性など無関係です。

 

この短期間が6ヶ月なのです。

 

なぜ、6ヶ月なのか?

 

これについては、次号のコラムで説明させていただきますね。

 

まず、増販とは現スタッフ、現有商品・サービスのままで、売上をアップさせるやり方を構築するということです。簡単に言えば既存顧客で売上をアップさせるということです。

 

この仕組みが実現できないと、いくら新規顧客を獲得しても“ザルで水をすくう”のようなものになります。

 

イメージできますか?

 

そう、“ザルで水をすくう”です。

 

このような状態で新規顧客開拓を頑張っても、それ以上に顧客流出は止まらない状態になります。

 

新規顧客を獲得しても売上は一向に上がらない。

 

そして、新規顧客開拓は既存顧客の売上アップよりも労力がかかるため、営業マンはどんどん疲弊していきます。

 

まずは、既存顧客で売上をアップさせる仕組みができてから、新規開拓の仕組みを構築します。まずは、この順番が大事です。

 

貴社は、既存顧客で売上をアップさせる仕組みが構築できていると言えるでしょうか?

 

もし、ここで?が出てくるようであれば、一度、当方の主催のセミナーに一度、参加してみてください。既存顧客で売上アップの色々なヒントが見つかるかもしれませんよ。

 

当社のコンサルティングでは、増販売増客していく実務ポイントを貴社の現状に合った形で支援します。営業スタッフにハッパをかけることなく、自然と売れていく仕組みを構築することで、事業は確実に成長していくことができるからです。

 

営業スタッフにハッパをかけることなく、自然と売れる仕組みをお持ちですか?