6ヶ月増販増客の仕組み構築をお手伝い。 乾経営コンサルティング
  • TEL : 03-6869-1753
  • 〒104−0061 東京都中央区銀座3−14−13 第一厚生館ビル5階

代表 乾切抜き “今いる営業マンと既存商品で売上を倍増させる”6ヶ月増販増客の仕組み構築法とは!-第34話 なぜ、営業活動に考え方が重要なのか

当方のコラムで考え方の重要性を何度も説いてきました。当方がコンサルティング支援しているクライアントの従業員の方も、このコラムを読んでおり、その方から次の質問をいただきました。

 

「コラムでは、昔の乾先生は、営業手法の営業トークや営業ツールの指導をメインにされていたのに、なぜ、今は考え方を重視されているのですか」という質問です。

 

答えは、「当方のコンサルティングのコンセプトの“考える場づくりと考えて行動する人財の育成”を実現するために考え方の定着を行っている」です。

 

これは、企業の成長は人づくりになるからです。人づくりが出来てくると、売上等がその後についてきます。

 

短期的な売上の成果を早期に叩き出しても、人づくりが出来ていないと、しばらくするとまた売上が落ちてきます。(これは、あくまでも当方の経験則です。そうでないコンサルタントもいると思います。)

 

そして、人づくりを行うためには、考える場づくりと、考えて行動することが一番重要であるということに今は、結論づいております。

 

なんとなく、理解していただけるでしょうか。

 

ただ、実際のコンサルティングでは、考え方を前面に押し出して進めるのではなく、クライアントの企業風土に合わせて進めていきます。考え方の素地がある場合は、考え方のお話から入りますが、そうでない場合は、手法から入り、成功体験を持っていただいてから考え方に戻る場合もあります。

 

要は、考える場づくりと考えて行動することが実現できれば良いので、コンサルティングの進め方は、企業によって色々です。

 

また、話が脱線しそうなので、今日は、当方が考え方の重要性に気づいた人物を2人ご紹介したいと思います。

 

一人目は、株式会社 京セラの名誉会長の稲盛和夫さんです。

 

稲盛名誉会長が提唱している、成果を上げるための方程式というのがあります。

 

仕事の成果=考え方×熱意×能力(仕事のやり方)

 

稲盛名誉会長は、この中でも考え方が重要であると説いておられます。

なぜ、考え方が大事なのか、稲盛名誉会長は、次のように説明されています。詳細は→ https://dot.asahi.com/wa/2013091900030.html をご覧ください。

 

仕事のやり方をマニュアル化しても、考え方が変われば、それは変わることになります。やり方は無限にあるので、その無限のやり方を決めるためには、考え方を芯に持っていればぶれないというスタイルに当方はなりました。(稲盛名誉会長の趣旨とは異なりますが、この成果の方程式が考え方が大事であるという影響を受けたひとつでした)

 

前回(33話)のコラムでお話した営業は気合と根性という考え方が風土になっていれば、仕事のやり方もそのようになってくるということです。しかし、考え方が顧客の欲求を知らないものは価値を提供できないという考え方に変われば仕事のやり方も変わってくるということです。この考え方にどれだけ信念を持ち、定着させるまであきらめずに継続した取り組みを実践するかにかかっているかと思っております。

 

二人目は、ウィリアム・ジェームズの名言集です。一度は、聞かれたことがあるかと思います。

 

心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。 です。

 

この”心”の部分を”考え方”に当方は勝手に変えております。

 

そう、考え方が変われば運命が変わるということです。でも、これは、ちょっと大袈裟なので、コンサルティング現場では、習慣でとめています。

 

でも、この習慣が変わらないと売上の変化は起きません。

 

究極は、現状の習慣に、新たな行動を当たり前のような習慣にどれだけ組み込めるかが成果の早道になります。

 

そのためには、どのような考え方を持つかが非常に大事になってきます。

 

そして、考え方という芯ができれば、それを実現するためには、考える場と考えて行動するということが必然的に起こってきます。

 

本日は、考え方の重要性に気づいた2人の人物についてお話をさせていただきました。

 

次回は、以前からリクエストがありました、考え方の一例を公開しますね。この中で、これを営業部の風土づくりにしたいものがあれば是非、活用してくださいね。

 

追伸)これだけ、考え方のお話をしているので、このコラムを読んでいる方は、

   考え方を根付かせるということにチャレンジされているでしょうか?

   もし、取り組み等をされていれば、メール等で報告いただければ嬉しい

   です。